マイルを貯めたい

クレジットカードなどを上手に使ってJALとANAのマイルを貯めています。

タグ:Suica

JALカードはアップルペイ登録にまだ対応が遅れていますが、
JALカードSuicaだけは、現在、アップルペイへ登録できます。

アップルペイはモバイルSuicaが使えるということで、
当初の利用者をぐくっと伸ばしましたので、
Suica機能搭載のJALカードSuicaだけは先行するかたちで
アップルペイへ登録できるようにしたみたいですね。

しかし、なぜ、他のJALカードはアップルペイへの登録が見合わせられているのか?

ANAカードは、JCB ANAも、VISA ANAもアップルペイへ登録できますし、
アメックスのANAカードも登録できるんですよね。

私は、地方在住ですので、
周りにSuicaを使っている人がほとんどいなせいもあり、
当初はあまりアップルペイを使いだす人が少なかったんですよね。

それが、iDやQUICPayも使えるということがだんだんと浸透してきて、
アップルペイへクレジットカードを登録してコンビニとかで使っている人も出てきました。

私は、iPhoneユーザーではないですので、
おサイフケータイ機能で楽天Edyとモバイルnanacoを使っています。

昨年秋からはじまったアップルペイ、
さっそくiPhoneでモバイルSuicaをはじめた人も多いと聞きます。

アップルペイでモバイルSuicaを使ってマイルを貯めたいのでしたら、
JALマイルを貯めたい人は「JALカードSuica」があります。

ANAマイルを貯めたい人なら三井住友カードが発行している
「ANA VISA Suicaカード」があります。

JALマイルを貯めたい人と、
ANAマイルを貯めたい人は明確に分かれると思いますので、
各々、貯めたいマイルに合わせて
アップルペイSuicaに登録するクレジットカードを選ぶといです。

アップルペイでSuicaを使うには、
アップルペイへ予めインストゥールされているウォレットアアプリを使うのもいいですが、
iPhoneユーザー向けに提供されている「Suicaアプリ」を使うと
モバイルSuicaで使えるサービスが充実していますので、
モバイルSuicaをより便利に使いたいという方は
「Suicaアプリ」をダウンロードして使うといです。

「Suicaアプリ」はapp stroreでダウンロードできます。

また、Suicaアプリなら、登録できるクレジットカードに制限がなく、
どのクレジットカードでも登録してモバイルSuicaへチャージして使えるのも便利です。

前回は、PASMOと提携しているJALカードについて書きましたが、
JALカードはJR東日本のビューカード機能とSuica機能か付いている
『JALカードSuica』というクレジットカードも発行しています。

JALカード+ビューカード+Suica、
と3つの機能が一枚になったクレジットカードで、
Suica利用でJALマイルを貯めたいと思っている人が持つといいカードです。

Suica機能が付いているのでSuicaカードを別途作らなくてもいいですし、
Suicaへいつでもクレジットカードからチャージができますし、
オートチャージを設定することもできます。
携帯やスマホのモバイルSuicaを使っての、
チャージやオートチャージもできます。

カードを使ったときのポイントやマイルの付き方ですが、
Suicaへのチャージ分やJR東日本での利用分にはビューサンクスポイントが付いて、
それ以外での利用、つまりショッピングやレストランでの支払いについてはJALマイルが付くようになっています。

貯まったビューサンクスポイントとJALマイルは相互に交換することができます。

なのでJALマイルを貯めたいのでしたら、
ビューサンクスポイントをJALマイルへ移行すればいいのです。

普段、通勤などでSuicaを使っていて、
JALマイルを貯めたい人はこのJALカードSuicaを使うことで効率的にJALマイルを貯められるようになります。

全日空ANA、そして三井住友VISAカードとJR東日本が提携発行している「ANA VISA Suicaカード」、JR東日本をSuicaで利用し、ANAマイルを貯めている方に人気のクレジットカードです。

基本的にはANAが発行しているANA一般カードと同じなのですが、それにSuica機能が搭載されているということになります。

ANAのフライトを利用すると10~25%のボーナスマイルがついたり、入会時、継続時に1,000~2,000マイルのボーナスマイルが付与されます。

ショッピングなどのカード利用時にもらえるポイントは、三井住友VISAカードの「ワールドプレゼント」ポイントで、還元率は1,000円につき1ポイント、1ポイントを5ANAマイルに交換することができます。
Suicaへのオートチャージやチャージ分についてもポイントかぜ付与されます。

ANAマイルへの移行は、移行手数料を支払っての10マイルコースにすると、1ポイントにつき10マイルとなり還元率が2倍に上がります。

また、Suica利用で貯まるのはSuicaポイントとなります。
SuicaポイントはANAマイルへ移行することはできません。

最高1000万円の海外旅行傷害保険やショッピングカード保険が付帯されています。

ANAのカードなのでファミリーマイルプログラムを利用できるので、家族でマイルの合算も可能です。


↑このページのトップヘ