マイルを貯めたい

クレジットカードなどを上手に使ってJALとANAのマイルを貯めています。

カテゴリ: マイルとクレジットカード

おそらく、イオンカードは
楽天カードに次ぐ人気のクレジットカードなのでは
と思います。

そのイオンカードは、券種がけっこうあるんですよね。

それで、JALマイルが貯まる機能が付いている
イオンJMBカードもあるのです。

JMBとは、
JALマイレージバンクのことです。

ですから、イオンJMBカードは、
JALマイルが貯まるイオンカードということになるのです。

イオンカードは、ショッピングなどで
200円ごとに1ポイント(ときめきポイント)が貯まりますが、
イオンJMBカードは、ときめきポイントの代わりに
JALマイルが200円ごとに1マイル貯まるようになっています。

スーパーの買い物をイオンですることが多く、
ときめきポイントゆりはJALマイルを貯めたい、
という方はイオンJMBカードを使うといいです。

イオンJMBカードも、
お客様感謝デーの5%割引きや、
イオンシネマの割引きなど、
ほぼイオンカードと同じスペックになつています。

4月入り新年度が始まっています。

大学や専門学校へ通うために上京した人、
就職で首都圏へ引っ越してきた方など、
通勤や通学でSuicaやPASMOを使いはじめている人も多いと思います。

SuicaやPASMOを使う人は
チャージをしないといけませんが、
チャージをするなら現金でチャージするより、
クレジットカードでチャージする方が
クレジットカードのポイントやマイルが貯まるのでお得です。

Suica定期券やPASMO定期券を購入するにも、
クレジットカードなら、
やはりポイントやマイルが貯まるのでお得です。

SuicaチャージやSuica定期券購入で
ANAマイルやJALマイルが貯まるクレジットカードとしては、
「ANA VISA Suicaカード」「JALカードSuica」があります。

どちらも、新社会人の方も申し込めますし、
学生の方も申し込めます。

マイルを貯めて航空券と交換したいという方は、
これらのクレジットカードを作ってSuica定期券を買ったり、
Suicaチャージするといいです。

「ANA VISA Suicaカード」「JALカードSuica」も
Suicaへのオートチャージ'(自動入金)にも対応しています。

ANA VISAカードを発行している三井住友カードが、
nimoca機能が付いている「ANA VISA nimocaカード」を
発行開始したそうですね。

suicaやPASMOが付いたANA VISAカードがありますが、
nimoca付のANAカード発行ははじめてではないでしょうか。

私は、西鉄エリアに住んでいませんが、
福岡の西鉄エリアにお住まいで、
通勤や通学でnimocaをお使いの方で、
ANAマイルを貯めたい人には注目のクレカなのでは。

nimocaへのオートチャージもできますし、
定期券機能も搭載されているそうです。

nimocaを電子マネー利用した時にはnimocaポイントが貯まり、
クレカ利用時には三井住友カードのワールドプレゼントポイントが貯まり、
ANAの搭乗時等にはANAマイルが貯まります。

そして、各々のポイントは交換できるそうです。

ANAカードは特約店でマイルがお得に貯まるなどしますから、
上手に使ってANAマイルを貯めたい人にはおすすめですね。

ライフカードがポイント制度を変更しましたね。

ライフカードといえば、
誕生月はポイント5倍(還元率が0.5%×5倍で2.5%)になる、
ということもあり、ポイントが貯まりやすクレジットカードの一枚でもありました。

ライフカードのポイントは、
ポイント交換でANAマイルへ交換できるので、
ANAマイラーのセカンドカードとかサブカード、
あるいは誕生月専用カードとしても人気がありました。

しかし、ライフカードのポイントからANAマイルへ交換するレートが改悪されました。

今までは、300ポイントが900マイルだったのが、
300ポイントが750マイルに改悪されたのです。

つまり、1ポイントが3マイルになっていたのが、
1ポイントが2.5マイルとなったのです。

こればかりか、
今までは楽天Edyとnanacoチャージ分へポイントが付いていましたが、
現在はポイント付与対象外となってしまいました。

ポイント還元率が高いクレジットカードが増えている中、
改悪をするというのは戦略的にどうなのか?という疑問があります。

ライフカードは収益率が悪くなっているのでしょうかね。

クレジットカード会社の多くは
キャッシングやリボの金利で稼いでいたのが
キャッシングでの収益が減少ている中、
ポイント改悪という手段を取らざるをえなくなったのでしょうか。

JALカードはアップルペイ登録にまだ対応が遅れていますが、
JALカードSuicaだけは、現在、アップルペイへ登録できます。

アップルペイはモバイルSuicaが使えるということで、
当初の利用者をぐくっと伸ばしましたので、
Suica機能搭載のJALカードSuicaだけは先行するかたちで
アップルペイへ登録できるようにしたみたいですね。

しかし、なぜ、他のJALカードはアップルペイへの登録が見合わせられているのか?

ANAカードは、JCB ANAも、VISA ANAもアップルペイへ登録できますし、
アメックスのANAカードも登録できるんですよね。

私は、地方在住ですので、
周りにSuicaを使っている人がほとんどいなせいもあり、
当初はあまりアップルペイを使いだす人が少なかったんですよね。

それが、iDやQUICPayも使えるということがだんだんと浸透してきて、
アップルペイへクレジットカードを登録してコンビニとかで使っている人も出てきました。

私は、iPhoneユーザーではないですので、
おサイフケータイ機能で楽天Edyとモバイルnanacoを使っています。

↑このページのトップヘ