マイルを貯めたい

クレジットカードなどを上手に使ってJALとANAのマイルを貯めています。

イオンカードにJAMマイレージバンク機能が搭載されたカードがあります。

「イオンJMBカード」で電子マネーのWAON機能も搭載されています。

イオンカードで決済しても、WAONで決済しても、
200円ごとに1JALマイルが付与されます。

普段、スーパーでの買い物はイオングループでのスーパーでという方で、
JALマイルを貯めている方におすすめのカードです。

JALカードを既に持っている方でも、
イオングループでの買い物用に「イオンJMBカード」を別途持ってもいいと思います。

「イオンJMBカード」で貯まるマイルは、
自分のJMB口座に貯めるようにするか、
貯まったポイントを自分のJMB口座へ移行させればいいです。

イオンカードを持っていると、
お客様感謝デーやおきゃく様わくわくデーなど、
イオンでお得に買い物ができる機会が多いのでその点でもお得なんです。

JMBローソンPontaカードは、
ローソンがセゾンカードと提携して発行するクレジットカードで
年会費が永年無料です。

ローソンをはじめとするPontaポイント加盟店で買い物をされる際に、
このカードを提示すれば100円あたり1ポイントが貰えます。

クレジットカード決済しなくても提示だけでポイントが貰えるのがいいですね。

ですから、Ponta加盟店を使う機会が多い方で、
JALマイルを貯めている方は、
Ponta加盟店利用用のサブカードとして持ってもいいかもしれません。

クレジットカード名に「JMB」と入っているのは
JALマイレージバンクの略称が頭文字をとった「JMB」ということです。

既にJALカードをお持ちで、
JALマイレーヘジバンク口座がある方は、
その口座に紐付することもできます。

カード利用や提示で貯まったPontaポイントは、
必ずしもJALマイルへ交換しなくても良く、
ローソンなどのPontaポイント加盟店で
「1ポイント=1円」分として1ポイントから使うこともできます。

JALカード会員の方はJAL便に乗るごとに搭乗ボーナスマイルということで、
JALマイルが他のJMBカードよりマイルが貯まりやすくなっています。

ですから、日本航空を利用する機会が多い方は、
断然、クレジットカードはJALカードにすると良いです。

例えば、仕事で出張が多く、
出張の際に日本航空を使う人などはJALカードにすれば、
かなり効率的にJALマイルが貯まります。

ANAカードも搭乗ボーナスマイルがありますから、
普段、どちらの航空会社を使う機会が多いかで、
JALカードにするかANAカードにするか選択すると良いです。

私の知人の中小企業の社長さんは出張が多く日航を使うことが多いので、
JALカードを使っていて、
貯まったマイルで1年に1度か2度くらい、
家族旅行に出かけているといった話をしていました。

飛行機代はマイルで支払うのだタダなんだと。

仕事関係で飛行機を機会が多い方は、
貯まったマイルで個人旅行や家族旅行を楽しまれているということはけっこう耳にします。

飛行機に乗る機会が多い方は、
JALカードかANAカードの会員になってマイルを貯めて、
そのマイルで旅行を楽しむという使い方をするといいのでは。

JALカードには「JALカード特約店」があり、
JALカードで支払うとマイルが2倍もらえるお店があります。

例えば、ガソリンスタンドのENEOSも特約店ですので、
ガソリン給油をENEOSにしてJALカードで支払うようにすればJALマイルが効率よく貯まります。

デパートでしたら、大丸と松坂屋があります。

この他にも、数多くのショッブが特約店としてありますので、
JALカードに入会したら、
特約店にどういうお店があるかチェックしてみてください。

旅行商品を探すときもJALパックなどJAL系のショップや商品を購入し
JALカードで支払えばマイルが貯まりますし、
もちろん、ホテルも特約店のホテルを利用すればいいですし、
国内・海外のJAL航空チケット購入でも貯まりますし、
空港の駐車場も空港内の施設も特約店があります。

旅に関するショッピングから、
普段のショッピングまで、
JALカード特約店をなるべく利用するなどすれば、
JALマイルの貯まり方も格段と違ってきます。

JALマイルとは、日本航空のポイント制度のようなものです。

JALマイルを貯める方法としては、
JALの飛行機に乗って貯める、
JALの提携している航空会社の飛行機に乗って貯める、
JALのパッケージツアーを利用するなどの方法があります。

JALマイルが提携しているまたホテル、レンタカー、ショップ、駐車場等
いろいろサービスを利用してJALマイルを貯める事もできます。

これらのシーンでJALマイルを貯めるには、
まずは、JALマイレージバンク機能が付いているクレジットカードを持つと良いです。

JALカードをはじめ、
イオンJMBカード、ローソンPontaJMBカードなどがあります。

一番のお薦めはやはりJALカードです。

そして、このJALカードを使って、
リアルでのショッピングはもちろん、
ネットショッピングでもJALカードで支払って、
獲得マイルを積み上げていきます。

他のカード、例えばJCBカードなども使っているのでしたら、
ポイントをJALマイルへ交換できないか調べ、
JALマイルへ交換できるなら交換するようにします。

あとは、JALカードで公共料金や新聞代、
携帯電話料金など、月々支払うものもJALカードにすると、
JALマイルがコツコツと確実に増えていきます。

そして、JALマイルがある程度の数になれば、
JALの航空券と交換できたりしますので、
航空運賃が無料で国内旅行や海外旅行へ出かけられるわけです。

[このページは相互リンク紹介ページです]

もうすぐ、夏休みという方は多いですよね。

夏休みに国内旅行される方、故郷へ帰省される方、
そのような方で高速道路や有料道路を利用される方は、
ETC割引があるので、ETC車載器をつけて、
ETCを利用するといいですよね。

ETC利用にはETCカードの準備も必要ですので、
早めにETCカードのお申込みをされておいた方がよさそうです。

申し込みから1週間から2週間で届くそうですので、
8月に夏休みで高速道路を利用される方は、
もう、申し込んでおいた方がよさそうです。

また、レンタカーを借りて、高速道路を走る方も、
レンタカーにはだいたいETC車載器が付いているので、
ETCカードがあればETCレーンを利用できるそうです。

各ETCカードのポイント交換先も紹介されていますので、
ANAマイラーの方、JALマイラーの方は、
どのETCカードのポイントがマイルへ交換できるかチェックして、
そのカードでETCカードを作ると良いのではないでしょうか。

ANAマイルを積極的に貯めている方はご存じだと思いますが、
楽天Edyを利用するとANAマイルを獲得することができます。

まずは「Edyでポイント」というサービスに登録します。
登録は無料です。

で、Edy利用で貯めたいポイントを指定します。
ANAマイルを貯めたい人はANAマイルを指定します。
他には、楽天スーパーポイントやTポイント、Pontaポイント等、
計10種類のポイントプログラムから貯めたいポイントを選ぶことができます。

これで、Edy利用「200円ごとに1マイル」獲得できます。

さらに、「ANAモバイルプラス」サービス(月額315円)に登録すると、
通常の2倍、Edy利用「200円ごとに2マイル」獲得できます。

さらに、ANAカードの怪異の方は、
ANAカードからEdyへチャージするときにもANAマイルが獲得できます。

チャージ時の獲得できるANAマイルも「200円こどに1マイル」となっています。

つまり、「Edyでポイント」へ登録し、「ANAカード」でEdyへチャージし、
「ANAモバイルプラス」へ登録してEdyの支払いをすると
お得にANAマイルを獲得できるのです。

ダイナースクラブカードはあまり日本では知る人は少ないかもしれませんが、
年会費も高く、いわば持つことでステータス的な意味合いも持つクレジットカードです。

アメリカンエキスプレスカードと同様、
米国のクレジットカード会社です。

カード会員としては、
会社経営者や弁護士、医者など、
収入の多い方がメインターゲットとなっているようです。

このダイナースクラブカードですが、
カード利用で貯まったポイントを
7つの航空会社のマイルへ交換することができます。

全日本空輸、アメリカン航空、アリタリア-イタリア航空、
大韓航空、デルタ航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空です。

ダイナースクラブカードにはダイナースグローバルマイレージと言うシステムがあって、
これを利用すると1ポイントあたり1マイルのマイレージと交換することができます。

1マイルあたり約2円ですので還元率は10,000円で100マイル(200円)になりますので
還元率2%となり、還元率が高いと言えます。

ただ、ダイナースグローバルマイレージに参加するには、
参加料として年間6300円必要です。

ですので、年間にショッピング利用が多くてポイント獲得が多い方、
そしてどの航空会社のマイルへ換えるかその時に7社から選んで決めたい、
という方に向いているサービスと言えます。

特に、アメリカの大手航空会社3社のマイルへ交換できますので、
アメリカの航空会社を利用する機会が多い方は
このダイナースクラブカードは選択肢の一枚になるかもです。

この4月から進学や就職で首都圏へ引っ越しされてきた方も多いと思いますが、
地下鉄の東京メトロをはじめPASMOで地下鉄や電車・バスの利用を始めた方でANAマイルを貯めたいと思っている方は、
「ANA JCB To Meカード」(ソラチカカード)で、
PASMOへオートチャージしたり、
東京メトロの定期券を購入すると、
ポイントがお得に貯まるのでお薦めです。

東京メトロの乗車のたびにメトロポイントが付与されますし、
そのメトロポイントをANAマイルへ移行することもできます。

このカードは「ANA JCBカード」に、
東京メトロの「To Meカード」が追加されて一体となったカードですので、
「ANA JCBカード」に付帯されているサービスがほぼ付帯され、
さらに「To Meカード」のサービスも付帯されていますので、
東京メトロ利用者の方で既に「ANA JCBカード」をお持ちの方、
「ANA JCB To Meカード」に乗り換えるといいです。

ちなみに、通称のソラチカカードは、
空でも地下でもお得なカードということからです。

前回、ANAカードには、JCBとVISAがあると書きましたが、
どちらが人気なのかといえば「ANA JCBカード」の方が人気であると耳にします。

人気の理由としては、
クレジットカード利用で貯まったポイントをANAマイルへ移行したとき、
ポイントを換算するとJCBの方が高いからです。

JCBカードのポイントプログラムは「OkiDokiポイント」というのですが、
基本的にカード利用額1000円に対して1ポイントが付き、
1ポイントの価値は5円相当となっています。

ですが、JCBカードはカード利用額が多いとポイントステージがアップして、
より多くのポイントをもらえるようになります。
年間50万円以上利用で10%アップ、100万円以上で20%アップします。

それと、カード入会時に入会ボーナスマイルがプレゼントされ、
1年後とのカード継続時に継続ボーナスマイルもプレゼントされます。

それと、海外旅行をされる機械が多い方に嬉しいのが、
最高1000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯されていることです。

また、ANAの国内・海外旅行商品も割引特典があるのもうれしい点です。

↑このページのトップヘ