マイルを貯めたい

クレジットカードなどを上手に使ってJALとANAのマイルを貯めています。

ネパールの地震のことはニュースでご存知の方も多いと思いますが、
日本では思ったほど募金活動はされていないように感じますよね。

ニュース番組では募金の振込口座を紹介したり、
電話をすれば募金できる番号を紹介したりその程度ではないでしょうか。

そのネパール地震の支援寄付ですが、
JALマイルとANAマイルで募金できるそうです。

どちらも、ウェブサイトで受け付けていて、
3000マイル(3000円相当)を一口として寄付できるそうです。

貯まっているマイルで募金してもいいかな、
と思う方はサイトへアクセスして募金してみてはいかがでしょう。

クレジットカード会社はポイント交換の一つとして
常時、寄付募金もありますよね。

もしかしたら、ANAマイル・JALマイルだけでなく、
他のクレジットカード会社もポイントをネパール地震の募金ができるようになっているかもしれません。

東日本大震災の時はほとんどのクレジットカード会社が
ポイントで寄付できるようにしましたから、
今回のネパール地震の募金もやっているかもです。

ANAカードと東急カードとのジョイントカードがあるんですね。

東急カーどはJALカードとのジョイントカードはかなり前からあったのですが、
ANAカードともジョイントカードを発行したのですね。

もちろんこちらも、JALカードと同様にPASMO機能が搭載されていて、
PASMO定期券でも利用できますし、
PASMOへのオートチャージ機能も使えます。

全日空のフライトなどではANAマイルが貯まり、
PASMO利用や普段のショッピングなどではTOKYUポイントが貯まる仕組みです。

貯まったANAマイルとTOKYUポイントは相互交換ができます。

なので、以前でしたら、東急沿線に住んでいて、
東急電鉄を日常的に使っていて、ANAマイルを貯めたいという人は、
Suica機能搭載のANAカードか、
東京メトロとANAカードのソラチカカードを使うとかしないといけませんでした。

それが、このカードができたことで、
東京電鉄利用者もANAマイルをガンガン貯められるようになりますね。

前回は、PASMOと提携しているJALカードについて書きましたが、
JALカードはJR東日本のビューカード機能とSuica機能か付いている
『JALカードSuica』というクレジットカードも発行しています。

JALカード+ビューカード+Suica、
と3つの機能が一枚になったクレジットカードで、
Suica利用でJALマイルを貯めたいと思っている人が持つといいカードです。

Suica機能が付いているのでSuicaカードを別途作らなくてもいいですし、
Suicaへいつでもクレジットカードからチャージができますし、
オートチャージを設定することもできます。
携帯やスマホのモバイルSuicaを使っての、
チャージやオートチャージもできます。

カードを使ったときのポイントやマイルの付き方ですが、
Suicaへのチャージ分やJR東日本での利用分にはビューサンクスポイントが付いて、
それ以外での利用、つまりショッピングやレストランでの支払いについてはJALマイルが付くようになっています。

貯まったビューサンクスポイントとJALマイルは相互に交換することができます。

なのでJALマイルを貯めたいのでしたら、
ビューサンクスポイントをJALマイルへ移行すればいいのです。

普段、通勤などでSuicaを使っていて、
JALマイルを貯めたい人はこのJALカードSuicaを使うことで効率的にJALマイルを貯められるようになります。

首都圏の地下鉄や私鉄、バスなどの公共交通機関を利用されている方で、
PASMOを利用されている方は多いですよね。

そのPASMOの利用でJALマイルを貯めることができます。

JALカードはPASMOオートチャージ機能搭載型のクレジットカードも発行しているからです。

具体的には、小田急と提携のJALカードOPクレジット、
東急と提携のJALカードTOP&ClubQカードです。

東急との提携のJALカードTOP&ClubQカードは3種類あり、
一枚はPASMO機能も搭載された一体型クレジットカードとなっています。

ですので、普段の通勤などで小田急線や東急線を使っている方は、
これらのカードでPASMOへオートチャージすることでJALマイルが効率的に貯まります。

ちなみに、オートチャージ機能とは、
PASMOの残高が2000円以下になると自動的にチャージされる機能です。

オートチャージのタイミングの残高や、
チャージする金額も範囲内で任意に設定することもできます。

もちろん、小田急や東急以外を利用している方でも、
これらのクレジットカードでオートチャージしてJALマイルを貯めてもかまいません。

ただ、クレジッカードに付帯する特典などのサービスが、
小田急や東急グループ店舗利用にお得なような仕組みになっているので、
沿線以外の方はそのお得をあまり使えないかもしれません。

ANAマイルを貯めている方で、
楽天Edy利用時にもらえるポイントを
ANAマイルにして貯めているという人も多いですよね。

そういう人にはちょっとショッキングなニュースですが、
今後は、楽天Edy利用で貯まるポイントは楽天スーパーポイントのみになるようです。

先日、ネツトで見たニユースによると、
楽天カードからのEdyチャージ分についても常時ポイントが付くようになったのを機に、
今後は、楽天Edy利用時に付与するポイントも楽天スーパーポイントに集約していくとのことでした。

なので、今後、コンビニなどでの少額利用分もマイル獲得につなげたい場合は、
「ANA VISAカード」の方は電子マネーの「iD」を使い、
「ANA JCBカード」の方は電子マネーの「クイックペイ」を使って
各々のカード利用で貯まるポイントをANAマイルへ交換する
という使い方にしていくようになるんですかね。

前回は、ANAカードマイルプラス店のコンビニをご紹介しましたが、
今回は百貨店とスーパーです。

まずは、百貨店ですが、
高島屋、大丸松坂屋、阪急、阪神です。
こちらの百貨店では200円ごとに1マイルが貯まります。

次に、スーパーですが、
イトーヨーカドーがANAカードマイルプラス店で、
200円ごとに1マイルとなっています。

これらのANAカードマイルプラス店では、
クレジットカードのポイントとは別に、
さらにANAマイルがもらえるということになります。

つまり、「ANA JCBカード」ならJCBのOkiDokiポイントとは別にANAマイルがもらえ、
「ANA VISAカード」なら三井住友VISAのワールドポイントサービスのポイントとは別にANAマイルがもらえるということです。

それと、高島屋、大丸松坂屋、阪急、阪神は、
ANAカード会員のANAマイレージモールもに参加していて、
100円で1マイルとか、200円で3マイル、200円で4マイルとお得にマイルがもらえますので、
店舗と同じ商品が同じ値段で売られているのなら
ANAマイレージモールで買った方がマイルをお得にもらえます。

また、ANAマイレージモールには、
三越、伊勢丹、小田急、東急、西武そごうのオンラインショップも参加しています。

ANAマイルをより上手に貯めたい方は、
ANAカードマイルプラス店やANAマイレージモールを利用するようにするといいですよ。

JALカードにマイルをお得にもらえる特約店があるように、
ANAカードには“ANAカードマイルプラス店”があります。

マイルプラス店でANAカードで支払うと、
クレジットカードのポイントとは別途に、
ANAマイルももらえるようになっています。

もらえるマイルは100円または200円ごとに1マイルです。
そのお店によってどちらかです。

今回はANAカードマイルプラスのコンビニをご紹介しますね。

まずは、セブンイレブンです。

全国のセブンイレブンでの買い物時に
ANAカードで支払うとカードのポイントとは別に
ANAマイルが200円ごとに1マイルもらえます。

もう一つは、ココストアイーストです。
こちらはあまり店舗数がないので知らない人も多いかも。

ココストアイーストも200円ごとに1マイルもらえます。

コンビニでクレジットカードで支払うのは面倒だというイメージがありますが、
だいたい1万円以内でしたらサインも必要ないので
思っているほど面倒ではないものですよ。

もう夏休みの旅行を終えてしまったという人がほとんどだと思いますので、
この記事はもっと早く書けばよかったのですが、
JALマイルが2倍もらえるJALカードの特約店にレンタカー会社もあります。

具体的には、トヨタレンタカー、日産レンタカー、
オリックスレンタカー、タイムズ カー レンタル、
フジレンタカー、駅レンタカー北海道、
Jネットレンタカー/スカイレンタカーです。

旅行先や出張先でレンタカーを借りる場合は、
これらのJALカード特約店のレンタカーにするといいです。

7社ありますので、
旅先でもいずれかのレンタカー会社はあるのではないかと思います。

どの会社も予約を受け付けているので、
旅行先にレンタカーのお店があるかネットでチェックして、
予約してお出掛けするのがおすすめです。

これからの秋も旅行のシーズンでありますので、
JALカードをお持ちでJALマイルを貯めている人は、
旅行先でのレンタカーを借りる場合は特約店の会社でレンタカー借りるといいですよ。

JALカードをお持ちの方で百貨店での買い物で
JALマイルをお得に貯めたいという場合は、
JALマイルが2倍もらえる『JALカード特約店』になっている百貨店で
お買い物をすると良いです。

『JALカード特約店』になっている百貨店は、
大丸、松坂屋、プランタン銀座、
そして九州の岩田屋、福岡三越、沖縄三越、
北海道の丸井今井となっています。

岩田屋のネットストアも2倍の対象ですし、
大丸と松坂屋のオンラインショップも2倍です。

地方の方によっては、地元の百貨店でJALカード特約店がない、
という方もいらっしゃると思いますが、
お近くにJALカード特約店の百貨店がある方は、
普段のショッピングやお歳暮・お中元などの贈り物など、
ご利用されるとJALマイルがお得に貯まるのでおすすめです。

イオンもJALカードの特約店となっていて、
ショッピングマイル・プレミアムに入会している方は「100円ごとに2マイル」、
ショッピングマイル・プレミアムに入会していない方でも「200円ごとに2マイル」が貯まります。

イオンでの買い物の際にJALカードで支払う場合は、
レジでクレジットカードでの支払いを告げて
カードリーダーにカードを通せばOKです。

1万円未満、あるいは3万円未満の買い物の場合は、
サインを必要としません。

ですので、JALカード会員の方は、
スーパーでの買い物をイオンに集約するとJALマイルが貯まりやすくなります。

ただ、イオンとJALは提携カードで、
「イオンJMBカード(JMB WAON一体型)」を発行していますので、
こちらのカードを使う方がよりJALマイルが貯まりやすいですし、
月に2回の割引デーなど、イオンでの特典をより多くうけられます。

JMBとはもJALマイレージ・バンクの略称です。

つまり、「イオンJMBカード(JMB WAON一体型)」にし、
JALマイレージ・バンク機能が付いていていますので、
既にJALカードを持っている方は、
「イオンJMBカード(JMB WAON一体型)」で貯まったJALマイルや
ときめきポイントを既にお持ちのJALカードのJMBへ移行して合算すればOKです。

日頃、スーパーの買い物をイオンでする方は、
JALカードで支払ってJALマイルを貯めるのもいいのですが、
「イオンJMBカード(JMB WAON一体型)」ならより効率的に貯まる上に、
イオンカードの特典も受けられるのでお得です。

↑このページのトップヘ