マイルを貯めたい

クレジットカードなどを上手に使ってJALとANAのマイルを貯めています。

使い勝手が良い電子マネーとしては
「楽天Edy」を上げる方も多いのではないでしょうか。

流通系電子マネーのnanacoやWAONは、
グループ会社店舗以外でも使えるお店が増えてきているとはいえ、
nanacoをイオングループでは使えないですし、
WAONをセブンイレブンでは使えません。

鉄道系のsuicaやPASMOは、
利用の際にポイントが貯まるお店自体が少ないです。

したがいまして、
使い勝手が良いのは「楽天Edy」ということになるのだと思います。

楽天Edyは200円ごとに1ポイントが貯まりますが、
貯まるポイントを選択することができます。

楽天のスーパーポイントはもちろんのこと、
ANAマイルを選択すれば、
お買物の際に楽天Edy利用200円ごとに1マイルがたまるんです。

ANAマイルの他には、
定番のポイントであるTポイントやPontaポイントも貯める設定にできますし、
auウォレットポイントに設定することもできます。

確か12種類のポイントの中から、
貯めたいポインとを選んで設定できるようになっています。

ANA VISAカードを発行している三井住友カードが、
nimoca機能が付いている「ANA VISA nimocaカード」を
発行開始したそうですね。

suicaやPASMOが付いたANA VISAカードがありますが、
nimoca付のANAカード発行ははじめてではないでしょうか。

私は、西鉄エリアに住んでいませんが、
福岡の西鉄エリアにお住まいで、
通勤や通学でnimocaをお使いの方で、
ANAマイルを貯めたい人には注目のクレカなのでは。

nimocaへのオートチャージもできますし、
定期券機能も搭載されているそうです。

nimocaを電子マネー利用した時にはnimocaポイントが貯まり、
クレカ利用時には三井住友カードのワールドプレゼントポイントが貯まり、
ANAの搭乗時等にはANAマイルが貯まります。

そして、各々のポイントは交換できるそうです。

ANAカードは特約店でマイルがお得に貯まるなどしますから、
上手に使ってANAマイルを貯めたい人にはおすすめですね。

JALカードをお持ちの方で、
アップルペイへ登録して使いたいと思っている人も
多いのではないでしょうか。

でも、現時点で、
アップルペイへ登録できるJALカードは限られています。

「JALカードSuica」か「JAL・JCBカード」だけです。

これ以外は、現在のところ、
アップルペイへ登録することはできません。

なので、アップルペイを使ってJALマイルを貯めたいという方は、
この2枚のどちらかを作らないといけないということになります。

例えば、既に、他のJALカードを持っている人は、
別に、もう一枚、「JALカードSuica」か「JAL・JCBカード」を
作るということもできます。

JALカードは各々別のカードなら、
2枚持ちをしてもOKなんです。

例えば、JALカードOPクレジットを持っている人が、
JALかーどSuicaを申し込んでもOKということです。


以前「ANA VISAプリペイドカード」が発行されている
という記事を書きましたが、
「ANA JCBプリペイドカード」も発行されているみたいです。

クレジットカードも
「ANA VISAカード」と「ANA JCBカード」がありますからね。

「ANA VISAプリペイドカード」と「ANA JCBプリペイドカード」は、
カードデザインは同じで、付いているブランドが
VISAかJCBかの違いだけのようです。

日本国内で利用する分には、
VISAでもJCBでもどちらでも同じように使えるというか、
日本国内の加盟店は、
ほぼVISAもJCBも使えるようになっています。

ただ、海外の場合は、
VISAの加盟店の方が圧倒的に多いんですよね。

JCBでも海外の大都市などは問題なく使えますが、
地方都市へ行くと、VISAやMasterCardが使えても
JCBは使えないというお店もあるんですよね。

ですので、もし、海外で使う予定もありそうな方は、
VISAにするといいです。

ライフカードがポイント制度を変更しましたね。

ライフカードといえば、
誕生月はポイント5倍(還元率が0.5%×5倍で2.5%)になる、
ということもあり、ポイントが貯まりやすクレジットカードの一枚でもありました。

ライフカードのポイントは、
ポイント交換でANAマイルへ交換できるので、
ANAマイラーのセカンドカードとかサブカード、
あるいは誕生月専用カードとしても人気がありました。

しかし、ライフカードのポイントからANAマイルへ交換するレートが改悪されました。

今までは、300ポイントが900マイルだったのが、
300ポイントが750マイルに改悪されたのです。

つまり、1ポイントが3マイルになっていたのが、
1ポイントが2.5マイルとなったのです。

こればかりか、
今までは楽天Edyとnanacoチャージ分へポイントが付いていましたが、
現在はポイント付与対象外となってしまいました。

ポイント還元率が高いクレジットカードが増えている中、
改悪をするというのは戦略的にどうなのか?という疑問があります。

ライフカードは収益率が悪くなっているのでしょうかね。

クレジットカード会社の多くは
キャッシングやリボの金利で稼いでいたのが
キャッシングでの収益が減少ている中、
ポイント改悪という手段を取らざるをえなくなったのでしょうか。

JALカードはアップルペイ登録にまだ対応が遅れていますが、
JALカードSuicaだけは、現在、アップルペイへ登録できます。

アップルペイはモバイルSuicaが使えるということで、
当初の利用者をぐくっと伸ばしましたので、
Suica機能搭載のJALカードSuicaだけは先行するかたちで
アップルペイへ登録できるようにしたみたいですね。

しかし、なぜ、他のJALカードはアップルペイへの登録が見合わせられているのか?

ANAカードは、JCB ANAも、VISA ANAもアップルペイへ登録できますし、
アメックスのANAカードも登録できるんですよね。

私は、地方在住ですので、
周りにSuicaを使っている人がほとんどいなせいもあり、
当初はあまりアップルペイを使いだす人が少なかったんですよね。

それが、iDやQUICPayも使えるということがだんだんと浸透してきて、
アップルペイへクレジットカードを登録してコンビニとかで使っている人も出てきました。

私は、iPhoneユーザーではないですので、
おサイフケータイ機能で楽天Edyとモバイルnanacoを使っています。

「ANA VISAプリペイドカード」という
ANAマイルが貯まるプリペイドカードがあるんですね。

つい最近、知りました。

三井住友カードが発行しています。

三井住友カードはANAカードと提携して
「ANA VISAカード」や「ANA VISA Suicaカード」などを発行していますが、
プリペイドカードも発行しているのだそうです。

プリペイドカードですのでチャージ(入金)をして使います。

VISAブランドがついているプリペイドカードですので、
VISAが使えるお店ならクレジットカードと同じように使えるし、
ネットショッピングの支払いにも使えます。

プリペイドカードですので15歳以上の人だと
誰でも審査なしで作れますので、
学生さんや高校生でも持てるのがいいですね。

地方から首都圏などへ進学している学生さんは、
休みなどに実家へ飛行機で帰省するという人も多いと思いますが、
この「ANA VISAプリペイドカード」を使ってANAマイルを貯めて、
そまANAマイルで航空券に交換して帰省すれば
飛行機代の節約にもなります。

VISAブランドが付いているので、
もちろん海外でも使えます。

なので、学生さんが海外旅行や短期留学の時に、
クレジットカードではなく、
この「ANA VISAプリペイドカード」を持っていくのもいいのでは。

クレジットカードだと学生さんは利用限度額が30万円くらいです。

30万円だと足りない場合がありますが、
プリペイドカードだとチャージした分だけ使えますので、
その点でもオススメかもです。

昨年秋からはじまったアップルペイ、
さっそくiPhoneでモバイルSuicaをはじめた人も多いと聞きます。

アップルペイでモバイルSuicaを使ってマイルを貯めたいのでしたら、
JALマイルを貯めたい人は「JALカードSuica」があります。

ANAマイルを貯めたい人なら三井住友カードが発行している
「ANA VISA Suicaカード」があります。

JALマイルを貯めたい人と、
ANAマイルを貯めたい人は明確に分かれると思いますので、
各々、貯めたいマイルに合わせて
アップルペイSuicaに登録するクレジットカードを選ぶといです。

アップルペイでSuicaを使うには、
アップルペイへ予めインストゥールされているウォレットアアプリを使うのもいいですが、
iPhoneユーザー向けに提供されている「Suicaアプリ」を使うと
モバイルSuicaで使えるサービスが充実していますので、
モバイルSuicaをより便利に使いたいという方は
「Suicaアプリ」をダウンロードして使うといです。

「Suicaアプリ」はapp stroreでダウンロードできます。

また、Suicaアプリなら、登録できるクレジットカードに制限がなく、
どのクレジットカードでも登録してモバイルSuicaへチャージして使えるのも便利です。

学生の方がマイルを貯めたいという場合、
JALマイルを貯めたい人は「JALカードnavi」という学生向けのJALカードがありますし、
ANAマイルを貯めたい場合は「ANA JCBカード」に学生向けのカードが一般カードとは別に用意されています。

どちらのマイルを貯めたいかで、
JALカードかANA JCBカードかを選べば良いです。

それと、ANAマイルを貯めたい学生の方は、
ANAマイラーのサブカードとして人気のライフカードがあるのですが、
ライフカードにも「学生専用ライフカード」というカードがあり、
クレジットカード利用で貯まったポイントをANAマイルへ交換できます。

この学生専用ライフカードは、
年会費無料で海外旅行保険が付いていて、
さらに、海外でのクレジットカード利用分は5%キャッシュバックされますので、
学生の間に海外旅行へ頻繁に出かけるという方にはかなりおすすめのクレジットカードです。

そういうことについて、詳しくご紹介しているのが
「学生向けクレジットカードの作り方」さんです。

学生の方がクレジットカードを申し込む時の手順や、
準備しておくべき必要書類なども紹介されています。

学生の方でクレジットカードを作りたいという方は、
ご参考にされてみるといいですよ。

スルガ銀行がANAマイルが貯まるデビットカードを発行しているようですね。

マイルが貯まるデビットカードは珍しいのではないでしょうか。

今ではネット銀行のほとんとがデビットカードを発行していますし、
リアルの銀行でもデビットカードの発行を進めていますよね。

以前は、銀行のデビットカードと言えば「Jデビット」となっていて、
使えるお店がなかなか広がらなかったんですよね。

それが、ここ数年、
クレジットカードの「VISA」ブランドが付いたデビットカードが発行されるようになり、
クレジットカードが使えるお店なら、
ほぼどこでもデビットカードが使えるようになってきています。

昨年あたりからは、
「VISA」に加えて
「JCB」ブランドが付いたデビットカードの発行も増えています。

ちなみに、「VISA」「JCB」が付いているデビットカードなら、
世界の「VISA」加盟店、「JCB」加盟店でも使えるんですよね。

デビットカードは銀行口座を持っていれば、
審査なしで発行されますし、
銀行口座から即時で引き落とされますので使い過ぎも少なくなり、
今後、利用者は増えていくと思われています。

ちなみに、ヨーロッパでは、
クレジットカードよりデビットカードの利用の方が多いと聞いたことがあります。

↑このページのトップヘ